2009年10月03日

まちつく

始めました。

単純ながら意外とハマりますwww
posted by leftyniino at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2009年08月26日

ようやく買いました

http://paizo.com/pathfinderRPG

pathfinder到着ー。
いや、正確にはダウンロードしただけですがw

でも、サイト滅茶苦茶混んでいたみたいで、ようやく入手ですよ!

ただ、いきなり修正パッチが出て、今サイトにある奴は修正済みらしいのでもう一回ダウンロードするがな!! Orz

β版のクラスで遊んでみたけれど、クラスの差が明確です。あと、5レベルにもなるとかなり派手になるので、強くなるためだけならプレステージいらないかもね。一本伸ばしで十分楽しいし、その方が強い気がするよ。


もう一回ダウンロードしたらちまちま訳していきます。
posted by leftyniino at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2009年08月15日

シノビガミ

ちょっと前に買いましたが、シノビガミのことを。

結構、思想的なスタイルだと思うのですよ。
前半部分がリプレイで後半部分がルール。
まあ、商業的には別々のほうがいいと思うんだけれど、
ルールを理解するには、このスタイルがベターなんじゃないかと。

なんで、今までこのスタイルじゃなかったんだろうね?

リプレイの売り上げがドンだけか分からないけれど、
結構、売れていると思うんだよね。

なら、エクスパンションもこの形にすれば、
それなりに売れると思うんだけれど。

なんにせよ、俺的には、「あ、これだ」と思う
体系でした。

自分が今後同人出すなら、この体系にすると思う。

現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神- (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)
現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神- (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)
posted by leftyniino at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2009年06月17日

変更点キタよ

えー、分からない人には全く分からないpathfinderの話w

ttp://paizo.com/paizo/messageboards/paizoPublishing/pathfinder/pathfinderRPG/general/pathfinderRPGPreviewRulesAndMechanicsFromThePaizoConBanquet

前文を大雑把に訳すとpaizoconでβと製品版の変更点が発表されたので、俺、アップするよ、見ないな。

ぱっと見、驚いたのは、ハーフオークが馬鹿じゃねえって事w
その分、パワフルさが減ったなあ。
まあ、いろいろと細かい変更点があるけれど、概ねいいんじゃないかなあ。

今回の最大の変更点は、

A Monk's flurry base attack bonus is now based off of the Fighter progression (Good). It is unknown how their normal base attack bonus will function.

え?

A Monk's flurry base attack bonus is now based off of the Fighter progression (Good).

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

訳>モンクの連打の基本攻撃ボーナスはファイターと同じ成長(良好)

全世界のモンク好き、狂喜だな、コリャw

「だから、買おう! パスファインダー!!」
モンク好きな人はGMに一日一回言うといいよw

・・・間、製品版見て、がっかりということがないと良いけれどナw
posted by leftyniino at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2008年03月25日

ゲームの近況

電源ありのほうではなくて、電源なしのほうの話。
えーと、具体的に言うとTRPGの話。
TRPGは俺の古くからの趣味のひとつでです。そして、間違いなく履歴書に書かない趣味でもあるw
TRPGが何か分からない人も、この日記を見ていると思うけれど、ここには書きません。ググって見てください。多分、「TRPGとは」で詮索すればwiki辺りに書いてあるよ。
で、これ以降はTRPGを知らない人にはついていけない話w

で、そんなTRPGですが、昨年はほとんど新作ルールを買わなかったわけですが、今年は深淵第2版に続いてD20 メタルヘッドをすでに購入しています。
そして、このあとにソードワールド2.0とD20 ワースブレードが続いています。
なんか、今年はちょっと豊作かもしれません。
ちなみに、深淵第2版とD20 メタルヘッドはだいぶ対照的なルールだなあ、というのが今のところの印象。ゲームの内容というより、ルールブックとしてのあり方の話。
深淵第2版はサプリは出るのでしょうが、これ1冊で十分かな、という内容。なんか、1冊で完結している気がする。とうとう各諸侯の解説も載ったので(これがルールブックの約半分を占めるw)もう十分かな、と。世界の解説もそれなりに載っているしね。
対してD20 メタルヘッドはD20ルールブックの宿命なのかもしれませんが、これだけでは完結していませんw
つか、経験値表が載っていない。もし、レベルアップを楽しみたいなら、D&D 3.5e ダンジョンマスターズガイドを買わなければなりません。
あと、グリッド戦闘したいなら、プレイヤーズハンドブックを参照とも書いてあったりする。さすがはD20。
まあ、でもD20 メタルヘッドはレベルアップに重きを置いていないのかなあ、という気もする。というのも、経験値計算の肝になる脅威度の算出方法がかなりアバウトなんだよね。「人のレベル+乗り物+同時に使える重火器」で算出してね、という感じ。
たとえば、4LVの人がマシンガンを持っていたら、4+1で脅威度5。マシンガンを2丁持っていても、同時には1つしか使えないから、脅威度5のまま。これがバイクなどに乗っていて搭載火器が3つあり、同時に使えたりすると4+1(バイク)+3(搭載火器)で脅威度8。
多分、サイバー化とかその辺でもかなり変わってくると思うんだが、レベルアップに関しては簡単な文章で書かれているだけなので、その辺のことは抜けている。
おまけに、本書ではレベルアップについては扱わない、とか書いてあるしね。ちなみにその辺のことはもちろん、D&D 3.5e ダンジョンマスターズガイドを参照のことなのだw
まあ、D20だから、しょうがない話なのかもしれないけれどね。
でも、個人的にはようやく国産でD20が出てくれたので、正直、今後の展開に期待している。
もっと言うなら、D20  ワースにはかなり期待しているw
でも、ソードワールドの完成度にはかなわないかなあ、という気もしているw

そんなわけで、今年はしばらくの間はルールブックを読んでいるだけで楽しめそう。
遊ぶ時間は、当然足りないわけで、遊ぶことはないかもしれないのだが。
posted by leftyniino at 02:00| Comment(0) | ゲーム

2007年04月03日

お披露目ムービー来た

空の軌跡 the 3dr のお披露目ムービーが公開中です。

正直、これだけのためにディスプレイを買い替えても良いかも、とおもた(ぇ
何か、最近、ブラウン管ディスプレイの色が薄いッつーか、暗いッ一つーか。。。
でも、ゲームのこと考えるとブラウン管のほうが良いんだよな____とか考えたが、よく考えてみると、俺、アクションゲーマーじゃないから、関係ないかも。

まあ、ペケ箱を買えば多少はアクションやるかなあ。。。。
でも、そのときにはそれこそ液晶にして色楽しんだほうが良いんじゃないのかなあ。。。

___その辺のことを念頭に入れつつ、箱買ったときにはEarlさんにでも相談します(結局、人任せかよ!)
posted by leftyniino at 01:30| Comment(0) | ゲーム

2006年11月10日

プレハン2、買いました

プレハン2 = D&Dプレイヤーズハンドブック2を買いました。

(…しばらく、ルール読み込み中)

あ〜、何か凄いことになっているような(笑)
個人的には追加特技とかよりも勢力陣営のルールがとても好み。これは、良いね。キャンペーンに深みが一段と増すよ。
本の総合的な評価としては必ずしも必要な本ではないが「大全」シリーズ(ツンデレ大全を含む)とどちらを買うか迷ったら、マスターはこっち買ったほうが良いかも。プレイヤーは、マスターが上級職業を導入してくれるのなら「大全」買ったほうが良い(笑)
でも、このプレイヤーハンドブック2によって、オリジナルワールドを展開していたかつてのD&Dマスターは結構触発されるんじゃないかな。キャラクターの再構築のルールも出来たし。おかげで直感的にフィアゲーに近くなったような気もするが、まあ、特技追加するならそうするしかないしな。

そんなわけで、ちょっとオリジナルワールド再構築を始めようかと思っています。気長にですが。
posted by leftyniino at 00:12| Comment(0) | ゲーム